硬式テニスのゲームを組み立てていく上で、重要な技術の一つである「ドロップショット」。ドロップショットとは、ネット際に山なりを描いてボールを落とすショットのことを言います。このドロップショット(打撃行為だけでなく、打球そのものを指す場合もあります)を身につけることが出来れば、相手選手を疲れさせたり、イライラ感を募らせることが出来るので、戦術としてはとても有効なショットだといえます。しかし、このドロップショット(いいショットをするためには、フォームが大切だといわれています)を身につけるには、ボールのコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)とボールを上手くネット際に落とす距離感を養わなければならない難しいショットでもあります。まず、ドロップショットを成功させるには、イメージすることが大事です。ボールが相手のコートに落ちるまでに時間がかかってしまうと、落ちるまでに相手選手が追いついてしまう可能性があります。それでは意味がなくなってしまうので、出来るだけネットに近い距離から打つように意識してみて下さい。それに、ドロップショット(スポーツ競技における打撃行為のことをいいます)を打つことばかり考えて低い姿勢で構えてしまうと、相手にドロップショットを打つと読まれてしまいます。姿勢を低くせずに、いつも通りに構えてドロップショットに入っていけるようにしましょう。打つ時も手首だけで返そうとするのでは無くて、体全体を使うようにして下さい。ボールがラケットに当たるインパクトの瞬間に、前に出した足の膝を曲げることによって、飛んできたボールの威力を減少させることが出来ます。ドロップショットは膝を曲げ、体全身で返すようなイメージで練習していくのが上手くなるコツですー